兵庫県西宮市のカトリック教会
ブログ

毎日のみ言葉

2017/11/27  年間第34月曜日 

第一朗読  ダニエル書 1:1-6、8-20 ユダの王ヨヤキムが即位して三年目のことであった。バビロンの王ネブカドネツァルが攻めて来て、エルサレムを包囲した。主は、ユダの王ヨヤキムと、エルサレム神殿の祭具の一部を彼の手中 …

2017/11/26  王であるキリスト(祭日)

第一朗読  エゼキエル書 34:11-12、15-17 まことに、主なる神はこう言われる。見よ、わたしは自ら自分の群れを探し出し、彼らの世話をする。牧者が、自分の羊がちりぢりになっているときに、その群れを探すように、わた …

2017/11/25  年間第33土曜日 

第一朗読  マカバイ記 一 6:1-13 アンティオコス王は、高地の国々を通過していたとき、豊富な金と銀で有名なエリマイスという町がペルシアにあることを耳にした。その町の神殿は、驚くほど富んでいて、金の兜、胸当て、武器な …

2017/11/24  聖アンデレ・ジュン・ラク司祭と同志殉教者(記念日)

第一朗読  マカバイ記 一 4:36-37、52-59 (その日、)ユダと兄弟たちは言った。「見よ、我らの敵は粉砕された。都に上り、聖所を清め、これを新たに奉献しよう。」そこで全軍が集結し、シオンの山を目指して上って行っ …

2017/11/23  年間第33木曜日

第一朗読  マカバイ記 一 2:15-30 (その日、)背教を強いる王の役人たちが、異教のいけにえを献げさせるためにモデインの町にやって来た。多くのイスラエル人が彼らを迎えに出、マタティアとその息子たちも集められた。そこ …

2017/11/22  聖セシリアおとめ殉教者(記念日)

第一朗読  マカバイ記 二 7:1、20-31 また次のようなこともあった。七人の兄弟が母親と共に捕らえられ、鞭や皮ひもで暴行を受け、律法で禁じられている豚肉を口にするよう、王に強制された。 それにしても、称賛されるべき …

2017/11/21  聖マリアの奉献(記念日)

第一朗読  マカバイ記 二 6:18-31 (その日、)律法学者として第一人者で、既に高齢に達しており、立派な容貎の持ち主であったエレアザルも、口をこじあけられ、豚肉を食べるように強制された。しかし彼は、不浄な物を口にし …

2017/11/20  年間第33月曜日 

第一朗読  マカバイ記 一 1:10-15、41-43、54-57、62-64 (そのころ)悪の元凶、アンティオコス・エピファネスが現れた。彼はアンティオコス王の王子でローマに人質として送られていたが、ギリシア人の王朝の …

2017/11/19  年間第33主日 

第一朗読  箴言 31:10-13、19-20、30-31 有能な妻を見いだすのは誰か。 真珠よりはるかに貴い妻を。 夫は心から彼女を信頼している。儲けに不足することはない。 彼女は生涯の日々 夫に幸いはもたらすが、災い …

2017/11/18  年間第32土曜日 

第一朗読  知恵の書 18:14-16、19:6-9 沈黙の静けさがすべてを包み、 夜が速やかな歩みで半ばに達したとき、 あなたの全能の言葉は天の王座から、 情け容赦のないつわもののように、この滅びの地に下った。 それは …

« 1 60 61 62 84 »
PAGETOP
Copyright © カトリック仁川教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.