兄弟姉妹の皆様へ

♰主の平和
大阪大司教区前田大司教から「新型コロナウイルス感染症にともなう措置(第5次)」のお知らせが、4月1日(水)に発表されました。それに基づいた仁川教会の具体的対応をお知らせいたします。

  1. 小教区での公開ミサ・修道院ミサは、430日(木)までは中止します。聖なる3日間の典礼は行いません。
  2. 45日(日)枝の主日(受難の主日)に予定していた非公開ミサと評議会は中止します。枝を祝福しておきますので、後日、取りに来てください。
  3. 45日(日)900ミサ中に予定していた洗礼志願式は、531日(日)900ミサに延期します。それに伴いまして、入信の秘跡の授与は、614日(キリストの聖体の祝日)に延期します。
  4. タウ(仁川教会だより)4月号は発行しません。
  5. ゆるしの秘跡は、引き続き、4/3()4/6()4/8()の午後300500まで行います。
  6. 425日(土)聖マルコ福音記者の祝日に当たり、霊名日を迎える大水神父様のために祈ってください。
  7. 3月末日をもって2020年度評議会議長並びに副議長の候補者の受付を締め切りました。正・副議長共に立候補者はなく、推薦による候補者は聖堂ロビーに掲示しております。5月10日の信徒集会で承認された後、正式に就任します。510日の信徒集会で承認された後、正式に就任します。
  8. 個人的な祈りの場として主聖堂、小聖堂、憩堂を開放します。
  9. 例外として葬儀・結婚式は行います。
  10. 原則として集まりは自粛してください。集まる場合は、感染症対策をしっかりと行い、なるべく短時間でお願いします。
  11. 飲食を伴う集まりは中止してください。

引き続き、公開ミサ中止期間中、信徒の皆様に主日のミサを与る義務が免除されます。各自が各自の場所でいつもよりもさらにいっそう熱心に聖書を朗読し祈りをささげたり、ロザリオの祈りをしたり、霊的聖体拝領したり、聖体訪問に行ったりしてください。

なお、典礼暦年の中心であり、イエス・キリストの贖いの業と復活を記念する聖週間の典礼を、共同体として共に過ごすことができないのは、まことに心が痛むことです。また、予定していた復活徹夜祭に入信の秘跡を受ける8名にとっても、共同体の全体にとっても残念なことですが、互いに希望と喜びをもって待ちましょう。聖なる3日間の典礼(聖木曜日、聖金曜日、復活徹夜祭)及び主日ミサの動画配信を大阪教区東京教区では、引き続き行うようですので、各教区のホームページを確認した上で、心を合わせて捧げましょう。

新型コロナウイルス感染で苦しむ患者、治療や介護に当たる医療関係者、信者の世話にあたる教会関係者、そして亡くなられた方々のために、この災禍が一刻も早く終息するために、また、互いのつながりを失わないように、主イエス・キリストの過越を心から過ごしていくことができますように、心を合わせて聖母マリアと共に祈りましょう。

2020年4月3日 主任司祭インマヌエル和越 敏OFM.Conv