兵庫県西宮市のカトリック教会

巻頭言とお知らせ

  • HOME »
  • 巻頭言とお知らせ

福音宣教月間にあたり~燃える心で、開いた目で、踏み出す足で~

9月1日から10月4日までの「すべてのいのちを守るための月間」も早や過ぎようとしています。引き続き、自分の罪深さを認め、神に立ち返り、新たな心と行いをもって生きることができますように。 今年も、全世界のカトリック教会は、 …

2023 年「すべてのいのちを守るための月間」にあたり

今年の平和旬間行事は、2週間にわたり「平和祈願」ミサを捧げ、特に8月13日の9時ミサは、「聖イエス会アンネのバラの教会」の牧師夫妻と信徒約50名の兄弟姉妹をお招きし、講話をいただきました。平和旬間行事を通して過去の惨禍を …

本日(8月15日)の聖母の被昇天ミサついて

仁川教会の兄弟姉妹のみなさまへ ♰主の平和 8月15日(火)の聖母の被昇天の祭日にあたり、お知らせ申し上げます。 本日は10時よりミサを予定しており、たとえおひとりでもミサは捧げます。 しかしながら、台風7号が接近してお …

~皆で平和への道を共に歩もう~

COVID-19 のパンデミックの嵐も過ぎ、希望的観測を抱き始めた皆様も、今までの出来事を振り返りながら、新しいことに挑戦されていることと思います。私たちは古い習慣の鎖を断ち切り、よりふさわしく心を整え、新しいことに挑む …

―聖体を中心に据えた生活―

6月号巻頭言の「聖体の弱さのうちに際立つ強さ」というテーマでは、聖体において、裂かれて粉々になるイエスには、いのちを与え、はぐくみ、一つに集め、過ちをゆるす愛の力があると述べました。 3年以上コロナ禍のため、個人にとって …

― 聖体の弱さのうちに際立つ強さ ―

6月は、カトリック教会ではキリストの聖体とみ心を祝っていたことから、「イエスのみ心の月」と自然に定められたと伝えられています。 マルコ14章22節に、「一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、そ …

―祈りと行いを常に深く一致させ―

3月6日夕刻、火災で仁川修道院は全焼しましたが、幸いにも人的被害や延焼はありませんでした。これは奇跡だと、多くの方が言っています。修道院の入口と東側ルルドにおられる聖母マリアのお守りがあったのでしょう!! 教会の伝統では …

復活節第2主日、外山神父様&中野里神父様による初ミサYouTubeアップのお知らせ

4月15日、16日に行われました外山神父様、中野里神父様の初ミサ動画をYouTubeにアップしましたので是非ご覧ください。 4月15日17時ミサ 4月16日7時ミサ 4月16日9時ミサ

― 暗闇の先に光を見て ―

3月6日夕刻、仁川修道院において火災が発生し、多くの皆様に長時間の交通規制や煙・火災臭等により多大なご迷惑とご心配をおかけしました。心より深くお詫び申し上げます。修道院は全焼しましたが、非常時においても皆様方のお祈り、ご …

四旬節黙想会動画YouTubeアップのお知らせ

3月12日に行われましたカトリック仁川教会四旬節黙想会の動画をYouTubeにアップしましたので是非ご覧ください。 四旬節第3主日ミサの説教より 四旬節黙想会第一講話 テーマ:「仁川教会(修道院焼け跡)からの新しい風に乗 …

お詫び

3月6日夕刻、仁川修道院において火災が発生し、皆様には、長時間の交通規制や煙・火災臭等により多大なるご迷惑とご心配をおかけいたしました。ここに心より深くお詫び申し上げます。 皆様のご協力と瓦木消防署、西宮警察署等関係機関 …

コンベンツアル聖フランシスコ修道会仁川修道院火災について

♰主の平和 このたびの火災のことでは、兄弟姉妹のみなさまには大変なご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。 3月6日、16時半ごろ修道院で出火し、20時過ぎに鎮火しましたが、修道院の建物が全焼しました。 その …

« 1 2 3 17 »
PAGETOP
Copyright © カトリック仁川教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.